浮気相手の信用調査|W不倫や略奪婚など、浮気調査の後には浮気相手のことを調べる必要があります

浮気相手の調査
ご主人の事が知りたいのではなく浮気相手の素性が知りたいというご相談を良くお受け致します。
携帯電話や写真で浮気の事実が確定している場合にお勧めです。
  • どんな容姿なのか
  • どこに住んでいるのか
  • 勤務先はどこなのか
  • どんな仕事なのか
  • 家族構成(既婚者であるか)など

相談ケース 主人の携帯から浮気が発見されました。
浮気相手がどんな人物か調べてほしい。
また浮気相手の実家の親に会って話がしたい。
調査結果 調査の結果、会社の取引先の女性である事が判明、実家の親と同居をし
ていました。出会いは業務の商談などを通じて不倫に発展したようでした。
浮気調査の結果、他にも愛人がいることが判明致しました。
依頼者はその後、相手の自宅へ話し合いに行き無事、解決致しました。
調査目的としては孫子の兵法にもあるように『彼を知り己(おのれ)を知れば百戦殆(あやう)からず』と
言われています。
直接交渉、裁判で慰謝料請求する場合でも訴訟相手の事を詳しく把握しておくことは大切です。


浮気夫の浮気調査 浮気妻の浮気調査 浮気の慰謝料