暗闇での浮気の撮影、カーセックスの証拠など特殊な状況下での浮気調査もお任せ下さい

特殊な浮気調査
ガル機動調査隊
浮気調査を開始し、調査を進めていくうちに特殊な状況下での証拠撮影が
必要となるケースがあります。
  • 深夜の暗闇での撮影
  • 通常のカメラでは撮影できない状況
  • 人がいること自体、不自然な状況下での撮影
等といった場合、特殊な撮影機材を使用して調査を行うことになります。
浮気調査における特殊撮影機材の紹介
暗視カメラ 様々なタイプのものがあるが、可視光増幅方式のものが主流。
元々は軍事目的で開発されたもの。
小型CCDカメラ カメラのレンズ部分を独立させ、小型化させたもの。
記録媒体は別途必要になるが離れた位置でも鮮明な画像が得られる。
ピンホールレンズ 通常のレンズの上に、又は通常のレンズと入れ替えて使用する。
2mmほどの穴があれば撮影可能。
赤外線カメラ 撮影対象に赤外線を投射することにより、真っ暗闇での撮影ができるカメラ。
防犯カメラ等に使用されることが多い。
赤外線投光器 肉眼では見えない赤外線にて被写体を照らす機材。
弱点は高原が僅かに赤く光ることが挙げられるが、特殊フィルタを使用する
ことによる防ぐことができる。
ペン型カメラ ボールペンに仕込まれたカメラ。
主にスーツの胸ポケットなどに入れて使用する。
眼鏡型カメラ 眼鏡のフレームに仕込まれたカメラ。
通常の眼鏡型やサングラス型がある。
カモフラージュカメラ 超小型CCDカメラと録画媒体を使用することにより、どのような物も
カメラに加工することが可能。
代表的なものでは置時計やハンガーなどであるが、ぬいぐるみ等にも
搭載することが可能。
無線式カメラ 上記、小型CCDカメラにワイヤレス送信機能を搭載させ、記録媒体に設置
された受信機材に映像を送信し、離れた位置で録画が可能。
浮気夫の浮気調査 浮気妻の浮気調査 浮気の慰謝料