浮気の慰謝料・不貞行為(不法行為)における損害賠償請求の証拠収集なら探偵社ガルエージェンシー名古屋駅西

コンプライアンス
弊社ではこれまでにグループ全体のレベルアップを目的として、刑法・民法はもちろんのこと、個人情報保護法等の関連する諸法令の教育に注力してまいりました。
また平成19年6月に施行された探偵業法が制定される以前より、私たちは常に依頼者の立場に立って業務を遂行する「ガル・スタンダード」というスタンスを大切にしています。

  • 各拠点(届出制)を明確にしたフェアな広告展開
  • 月例会議を開催しての法令研修、社員教育
  • 約8000名の探偵学校卒業実績とOJTによる人材の育成
  • 守秘義務の徹底、個人情報の適切な管理
  • 違法目的や差別調査の排除 など

今後とも社会情勢の変化や監督省庁のご指導に速やかに対応し、コンプライアンスの精神に基づいた事業運営に取り組んでまいります。
個人情報保護方針
ガルエージェンシー株式会社(以下、弊社)は、調査業務を根幹とする事業体系の企業として、個人情報保護に関する法令およびその他の規範を遵守し、以下のプライバシーポリシーを制定し個人情報保護を徹底いたします。

 1  : 適切な個人情報の収集および利用・提供の基準
    弊社は、調査事業・学校事業・フランチャイズ事業において、必要な範囲で個人情報を収集し、収集した個人情報は「個人情報保護に関するコンプライアンスプログラム」を遵守し、厳正な管理を行ないます。
 2  : 個人情報の安全管理について
    弊社は、個人情報への不正アクセス、個人情報の紛失、破壊、改ざん及び漏えいを防ぐため、必要かつ適切な安全管理対策を講じ、厳正な管理下で安全に取り扱います。
 3  : コンプライアンスプログラムの継続的な改善について
    弊社は、個人情報保護に関するコンプライアンスプログラムを整備し、継続的な改善に努めて参ります。
 4  : 個人情報の第三者への提供について
    原則として弊社は収集した個人情報は厳重に管理し、登録いただいたご本人の事前の了承なく第三者に開示することはありません。ただし、利用者が第三者に不利益を及ぼすと弊社が判断した場合、当該第三者や警察または関連諸機関にこれを通知することができます。また、裁判所、検察庁、警察、弁護士会、消費者センターまたはこれらに準じた権限を有する機関から、個人情報の開示を求められた場合、弊社はこれに応じて情報を開示することがあります。あるいは弊社の権利や財産を保護する目的で開示することがあります。
 5  : お問い合わせについて
    弊社保有の個人情報の取り扱いに関してご質問などがある場合はこちらにお願いいたします。
探偵業の業務の適正化に関する法律(探偵業法)について
平成19年6月1日、探偵業務及び探偵業者の定義とともに、消費者保護や暴力団関係者の排除を目的とした「探偵業法」が施行されました。
「探偵業の業務の適正化法に関する法律」の概要
(警視庁ホームページ http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/tetuzuki/tantei/1gaiyo/tantei_gaiyo.htm より)
弊社はグループに所属する全社員に対し、同法令を学ばせ遵守するよう指導すると共に、定期的に研修会を
実施し、法令違反のないよう取り組みます。

浮気夫の浮気調査 浮気妻の浮気調査 浮気の慰謝料