浮気問題の解決方法|慰謝料請求、話し合いなど

浮気の解決方法
お互いの話し合い以外での法的解決手段としていくつかのパターンがあります。

ご自身または調査会社で浮気調査をお願いし、証拠を掴んだ上での法的手段となります。
調査を実施し、浮気相手の素性や証拠写真が揃った時点で、交渉開始となります。
テレビドラマのように、感情的になって調査報告書を相手に叩き付けるようなことは慎むべきであり
弁護士に相談されたほうが良いでしょう。
調査報告書は最後の切り札となります ので使用方法を間違えると慰謝料が数百万単位で
変わってきますので、慎重に事を運んだほうが良いでしょう。

離婚を決意し、離婚時に配偶者に慰謝料を請求する
離婚を前提に考えて調査をする方と、離婚するつもりは無かったにもかかわらず、調査を行った結果
配偶者に対して我慢出来なくなり離婚を決断される方がいます。
ご自身で決定的証拠を掴む、または調査会社で浮気の証拠を掴んだ上で、弁護士さんなどに相談をし
離婚及び慰謝料を求め、離婚調停などを経て離婚することになります。
離婚を決意し、離婚時に配偶者と浮気相手にに慰謝料を請求する
基本的に上記と同じですが、浮気相手の素性が判明している場合は、配偶者に慰謝料を請求するのは
もちろんのこと、浮気相手へも慰謝料を請求します。
慰謝料の金額を考えるのであれば、一番期待できる方法といえます。
離婚をせず、浮気相手に配偶者との接触を中止と慰謝料を請求する
「離婚する気はない」と お考えであればパートナーとの直接交渉を行います。
まず浮気をしているかという質問に「NO」の返答がある場合には、その際は浮気をしていない根拠を
はっきりと聞いておくことをお勧めします。
休日出勤の理由や飲み会と言っていた日の行動、調査を行った日の行動など、うそはないかどうか
はっきりと発言をさせ、それを必ず録音しておきましょう。
そこで初めて、調査報告書を見せるのです。
相手は「探偵社の捏造だ、作文だ」と反論してくると思います。
また、「プライバシーの侵害だ」など良くわかって いない法律用語を言ってくる場合もあります。
そのような時は、動画も見せれば黙ってしまうのではないでしょうか。
相手が非を認め、2度と浮気をしないと約束をし、あなたもそれですっきりしたのであれば良い選択肢
といえます。
しかし、後になってからこのパートナーと離婚したいと考えることもあるでしょう。
相手も証拠がある事を知っている為、弁護士に相談するなどの何らかの準備を講じてくるでしょう。
離婚するのであれば、この段階で全て今ある証拠を見せてしまうのは得策とは言えませんが
浮気を認めた際の音声があれば、後で浮気を否定したとしても、本来調停などでウソをつかせたあとに
最後に証拠を出しますので慰謝料を取れないという事は無いと思われますが、減額し てしまう場合が
あります。
相手の性格を考え、話し合いで解決出来ると考えればこのような選択肢もあります。
浮気相手には、浮気の事実を内容証明郵便で伝え、今後、接触をしないよう勧告しておくとよいでしょう。
離婚をせず別居し、配偶者に慰謝料と婚姻費用を求める
浮気調査終了後、弁護士事務所などに相談し、調停を申し立てます。
この時点では離婚は考えずに実家などへ引越すなどして別居します。
調停で和解が成立すれ ば生活費、養育費などを毎月支払われる事となります。
有責配偶者からの離婚の申し立ては出来ませんので住宅ローンなどが残っていれば婚姻費用の支払いと
2 重の生活を送ることとなり、有責配偶者はかなりの経済的負担を強いられる事となります。
離婚してスッキリするか、別居して配偶者を「毎月お金だけを運んで くれる人」と捉え、割り切って生活する
という選択肢もあるのです。
その他の方法
浮気調査で証拠だけを掴んでおいた上、浮気相手の素性だけを掴んでおき
今のところは何もしないという選択肢も1つの方法かもしれません。
解決方法は人それぞれですので証拠を掴んだ後、資料の使用方法をご相談下さい。
反社会的な行動に関してのお手伝いは出来ません。
浮気夫の浮気調査 浮気妻の浮気調査 浮気の慰謝料